ヘバーデン結節の薬

ヘバーデン結節を治す薬として認められているものはありません。
そのかわり指の痛みをやわらげる目的の薬はあります。

私が処方されたのは、ロキソニンでした。
痛み止めと言えばロキソニンというほど、頭痛や歯痛、肩や首の痛みでもよくもらう薬です。

他にもヘバーデン結節の患者さんで使用している薬があったので、まとめてみました。

・ボルタレンゲル
塗り薬、消炎鎮痛剤。医師からの処方が必要。
これをヘバーデン結節の箇所に塗ると、痛みがらくになり、腫れが引くこともある。
その上に湿布を貼りさらに効果を高める人もいるが、たまにかゆくなったり、かぶれることもある。

・インテバン
同じく消炎鎮痛剤。
飲み薬と座薬、軟膏タイプの塗り薬があります。
解熱薬でもあり、ヘバーデンの痛みや腫れが軽減されます。
副作用に食欲不振、吐き気、皮膚が赤くなるなども報告されているようです。

・バンテリン
薬局でも購入することができるので、手に入れやすいようです。
消炎鎮痛剤。患部にぬると痛みを抑えることができる。
スポーツした後など、筋肉痛の対処薬としても有名です。

日常生活の中で、ひどい指の痛みに悩まれている方には薬はなくてはならないものです。
副作用についての知識も調べ、上手に活用したいと思います。
ヘバーデン結節の薬については、また調べまとめますので、参考にされてください。



このページの先頭へ