漢方薬でヘバーデン結節を治す

ヘバーデン結節の治療で、病院の薬の長期服用が不安な場合、漢方薬を試している人もいるようです。

今日は漢方薬について調べてみました。
そもそも漢方薬とは、いくつかの生薬(しょうやく:動植物や鉱物などの天然のものから作られた薬)を混ぜ合わせて作られたものです。

どんな漢方薬を飲んだらいいの?と思うかもしれませんが、“ヘバーデン結節にはこの漢方薬が良い!”というものでもないようです。

漢方薬の処方は、西洋薬(病院などの薬)とは違って、同じ病名の方でも人によって漢方薬の処方が異なります。患者さんの全身の状態によって(証という)、処方されるので、同じヘバーデン結節の患者さんが2人いたとしても、違う漢方薬が処方されることもあるそうです。

ヘバーデン結節のように、指関節の腫れや痛みを改善するには、膝や肩などの関節痛にも使用される、炎症を抑える効果のある生薬が配合されて漢方薬が処方されるようです。

漢方薬のヘバーデン結節への効果は人によって異なるようで、指の痛みが軽減されて日常生活がらくになったという人もいます。
また、漢方を飲んでいても日によって痛む時があるので、その時は病院で処方された鎮痛薬を併用する人もいるようです。
個人的には痛みを軽減するという意味では、天然の原料で作られている昔からある漢方のほうが体にやさしいように思います。

漢方薬はヘバーデン結節を治すのではなく、痛みや腫れをやわらげる対処療法のようです。
薬でヘバーデン結節を何とかしたいと考える方には、1つの選択肢となるでしょう。

ヘバーデン結節の治療薬とまでは言えないのが残念ですが、病院などの西洋医学がヘバーデン結節は治らない、治療法がないと言っている中で、東洋医学の薬に期待が寄せられるのもうなづけます。



このページの先頭へ