母指CM関節症

親指の関節が痛い、親指の付け根が腫れている、親指が変形している、これらの症状は母指CM関節症の可能性があります。

手の指に表れる変形性関節症には、
・ヘバーデン結節(親指以外の第一関節にできる)
・ブシャール結節(親指以外の第二関節にできる)
・おや指にできる母指CM関節症があります。

<症状>
親指に力を入れると付け根が痛むようになり、物を握ったり開けたりするような動作がやりづらくなります。つまむ動作も親指を使うので痛みがあります。

次第に親指が広げにくくなり、特に親指は手指の中でもよく使う関節なので、緩みやすくなり外れた状態の亜脱臼になることもあります。

進行性の病気で、親指の付け根の骨が飛び出し変形することもあります。

<原因>
ヘバーデンやブシャールと同じように、女性に多く、高齢の方に発症しやすいようです。
原因は、関節軟骨の擦り減り、老化、ホルモンの影響、免疫力の低下、遺伝と言われます。

<治療>
初期の段階での治療は、固定治療です。
テーピングの他、親指の根本を固定する装具をつけ負担を和らげるようにします。

またステロイドの関節内注射なども行われています。

進行が進み、痛みも変形も悪化するようであれば、手術治療になります。
痛みを和らげ変形の進行を止める目的で、指の状態に応じていくつかの手術方法があるそうです。

痛みの対処法として、塗り薬や湿布薬、内服薬などが処方されることもあります。


発症する関節は違いますが、ヘバーデン結節、ブシャール結節、母指CM関節症どれも進行性の変形性指関節症です。

ヘバーデン結節とブシャール結節を同時に発症したというケースはいくつかありましたが、母指CM関節症も同時発症というケースは見当たりませんでした。
また調べてみたいと思います。



このページの先頭へ