安静にするのは間違い

整形外科に行ってもヘバーデン結節の治療法はないと言われます。
手の病気は、安静にするしかないようです。

でも私がこれまでに感じたことは、まずいくら手を安静にしていても、良くはならないということです。

ヘバーデン結節は家事ができないほど痛みが出ることもあります。

そんな時は夫に無理を言って、できるだけ手を使わないでいいように手伝ってもらいました。夜寝る時はテーピングもして、朝方のこわばりをなくしたいと思い、とにかく安静にしていました。
2週間くらいは、夫にも色々迷惑をかけ洗髪などもしてもらいました。

ですが、安静にしたところでヘバーデン結節は痛みがやわらぐこともなく、腫れはひどくなったようにも感じました。

安静にするというのは違うのではと思っています。 ほとんど指を使わないようにしたり、テーピングをすることは逆効果なのではないかと。指を動かさないことで、血のめぐりが悪いのか、よけいに指がこわばり、症状は悪くなったように思います。
痛みがひどい時にテーピングは助けになるのかもしれませんが。。。

ヘバーデン結節はいつも通りの生活で良いのではと思います。
ただ、楽器を演奏したりとか、指をすごく使うようなことは遠慮したほうが良いのだと。

これは私の個人的な意見ですが、身をもって体験しましたので参考になると幸いです。

きっとヘバーデン結節で気をつけることは他にあると思うのです。



このページの先頭へ