ヘバーデンとグルテンフリーについて

最近よく、ヘバーデン結節のことで検索してこのホームページを参考に読んでいるとメールをいただきます。少しでもヘバーデン結節で悩んでいる方々に役立っているのかなと嬉しく励みになります。

先日も、ヘバーデン結節を10年来患っているというアメリカ在住の方からメールをいただきました。指の変形も8本されているそうです。

その方はヘバーデン結節は治療法なしと専門医に言われ、2年前から自然療法医の方に教えてもらった「グルテンフリー」を続けているそうです。

グルテンフリーについて少し私も調べてみました。

グルテンとは、小麦や大麦などの穀物から生成されるタンパク質の一種です。
このグルテンを摂取しない、というのがグルテンフリーです。

日本ではまだあまり浸透していませんが、小麦などのアレルギーがある方のためにグルテンが入ってない食品もあるようです。欧米ではグルテンフリーの認知度も高く、食品もたくさんあるそうです。

残念ながらヘバーデン結節にグルテンを摂取しないということがどのように働いているかまではわかりませんでした。

ですが、アメリカでは美容や健康志向の高い人達の間で、体調をよくするために取り入れられているようです。

気をつけたいのは、グルテンが含まれている穀物には、体にとって大切な栄養素も含まれているので、これらが不足しがちにならないように補うということです。

メールをいただいた方は、グルテンを避けているとヘバーデン結節の指も腫れないし痛みもかなり軽減するそうです。

「美味しいパンやケーキなど食べれなくて悲しいけど、ベーグルやピザを食べてしまったらテキメン~翌日腫れて痛かったです。」ともメールに書いていました。

私も試しに小麦粉の代わりに米粉を使ってみようかなと思います。
米粉はパスタ、うどん、フォー、お菓子などにも使用できます。グルテンアレルギーなどで麺類を諦めていた方にもこれなら安心です。

私のヘバーデン結節の指はプログラムを続けてるおかげで(できない日もありますが)痛みもなく順調に回復しています。
いただいたお菓子など食べ過ぎると少し痛むこともあるので、食べ物もヘバーデン結節にとっては重要なのだなと身を持って感じています。

摂取することで指の痛みが増したり、食べるのをやめると痛みが治まったり、その人その人が続けてみて効果があればそれも良いのだと思います。



このページの先頭へ