「みんなのニュース」で放送へバーデン結節で指先に痛みとコブが

先日テレビを見ていたらフジテレビの「みんなのニュース」という番組でヘバーデン結節のことが取り上げられていました。

ヘバーデン結節のテレビ画像

ヘバーデン結節を患っているというタレントの方がインタビューを受けていたのです。

その方は40代になって小指が痛み出し、その後人差し指と進行し、現在は両手合わせて7本の指に症状が出ています。20年も患っているそうです。

指の第一関節にコブができ、指先に痛みがでるこの病気はヘバーデン結節と言われ、今多くの方が苦しんでいる病気です。症状が進行した先には指の骨が変形するというとても不安な病気でもあります。

病院に行くと、「老化」と言われたそうで、40代で老化と言われても信じがたいのもです。

ブログを見るとその方の母親も祖母もヘバーデン結節だったと紹介されていました。

キャップボトルを開ける時も指が痛み、何よりキルト作家としてとても活躍されているので、布を切ったり針を縫い合わせたりとかなり指先を使われています。針を抜くときにとても負担がかかるそうです。

ヘバーデン結節は中高年の女性に多く発症しますが最近では若い人や男性にも症状が表れることがあります。

そのキルト教室だけでもヘバーデン結節の生徒が3人もいるそうです。

ヘバーデン結節は病院では痛み止めの薬を飲んだり、コブを切除手術するなど対処療法しかありません。根本的な治療法がないのです。

彼女は後ろ向きにはなりたくない負けられないと、とても前向きだったのが印象的です。

番組の中では三起均整院の筒井先生が、ヘバーデン結節についてコメントされていました。

三起均整院筒井先生

筒井先生のところではヘバーデン結節の根本的な治療が可能で、良くなった方もたくさんいます。

今回の放送がきっかけでより多くの人がヘバーデン結節という病気を知り、諦めず治療をされるといいなと思いました。



このページの先頭へ